極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

モンテッソーリ幼稚園のプリ幼稚園の体験に行ってきました

スポンサーリンク

こんにちは、さくらママです(^^)

*自己紹介記事*初めてお読みになる方へ

 

今日はモンテッソーリ幼稚園のプリ幼稚園の体験に行ってきました♡

(タイトル繰り返しすみません(^^;)

今日行った幼稚園は3歳の誕生日から入園できるので、プリ幼稚園は1歳半~3歳まで通えます。今はコロナの影響で1時間です。人数制限もされていて今日は3人でした★

まだ働き方も決めていないし、引っ越しもあり得るので、迷っていますが…

私と離れて、集中して自分で何かをする時間は、今の息子に必要な時間なのかなと思い、入園を考えています。

▼ベビークラスの見学に行った時★コロナの前にプリ幼稚園の体験も一度行きました!

www.sakuramama-m.com

 

モンテッソーリ教育とは?

よく聞くモンテッソーリ教育ですが、私が本を読んだりした知識を簡単にまとめると…

「子どもには自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の存在を大前提として、自己教育力を最大限発揮させる環境や教具(おもちゃ)を用いる自主性を大事にした教育法です。一人ひとりの敏感期や個性にあわせて、大人は環境を整え少しの援助をし、基本は見守ります。

「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢をもった人間に育てる」ことが目的です。

 息子にモンテッソーリ教育をしたい理由

私は教育の知識がゼロなので、友達が通っている話を聞いても、本を読んでも、

正直なんじゃそりゃ?!子どもは裸足で走り回って、友達と喧嘩して過ごすだけで充分!! と思っていました。

でも体験に行った時、息子が自分で椅子に座って興味を持った教具で遊ぶ(モンテッソーリではお仕事をすると言われています)姿を見て、環境の大切さを実感しました。

家だとこちらがやらせたい事をやらせる事も多々…

できない時に少し助けてもらいながら、自分が興味を持った事をお片付けまで集中してする事で、達成感も得られると思います。

そして息子にモンテッソーリ教育をしたい一番の理由は、一人一人の敏感期を大事にしてもらえ、個別性を大事にしてもらえるからです。同じ学年の子と比べたり、「できない」という考えはまずないです!

幼稚園では異年齢縦割り保育となり、同じクラスに年上の友達、年下の友達が一緒に活動します。

月齢の近いお友達と同じ遊びができたり、競争したりももちろん大事だと思っていますが、

広い視野と自分の意見をしっかり持ち、

お兄ちゃんお姉ちゃんに憧れて挑戦したり、自分より下の子に優しくしたり、

自分の好きな事や得意不得意を知り、他の人の得意不得意、成長を認められる子になって欲しいなぁと思っています。

なんというか…修正月齢や早生まれとかの概念がなくなるのかな?と。

息子の体験中の様子

10:30から一時間の予定で、それまで外遊びしていたので、行きの車内で爆睡(^^;)

駐車場で少し寝かせ、優しく起こしました…笑

 園につくと(幼稚園とプリ幼稚園は別の建物)、思い出したのか(?)嬉しそうに中に入り、先生の顔を見て緊張したのか(?)少しぐずりましたが、

すぐにお仕事を始めていました★椅子にすぐ座れていた♡

息子は貯金箱にコインを入れるのが大好きで、親指・人差し指・中指の先で持ち入れれるようになっていました!蓋を開けてコインを出すのも一度見て理解し、自分でできていました♡

あと先生がシール貼りを一緒にしてくれたんですが…一生懸命はがして貼り、ゴミもゴミ箱に捨てれていました!

(遊びたい物を選ぶ→座る→集中して作業する→ごみを捨てる→片づけるって家だとできてないなぁ(^^;)
f:id:sakura1389:20200605135255j:image

 一つ貼れるたびに、拍手してました(笑)

 家だと、できないと玩具を投げてしまったり、それこそイヤイヤ泣き出したりするんですが、環境が違うと、手伝ってもらって、先生がしている様子を見てもう一度やってみていて、その姿もじーんとしました*

最後は走り回っていましたが…笑

息子は落ち着きがないんだろうなぁ…と思っていましたが、先生に

「最初は皆教具を出して走り回るだけの中、よく座れてるし、よく見て自分でやってみてるからすごいですよ(^^)」と言ってもらえ安心しました(:_;)*

最後の絵本タイムも、今まで見た事ないくらい集中して聞いてたなぁ…笑

色んな教具を使え、先生にもたくさん関わってもらえ、息子とても楽しそうに過ごしていました♡

帰宅後

帰ってお昼ご飯を食べて電車を見て、なんとかベッドに上がった瞬間お昼寝に入りました(*´`)

たくさん刺激があって良い疲れを感じられたんだろうなぁ*

息子にとっても、私にとっても、家族以外の教育のプロの方と関われるのは、とてもプラスな事だなぁと思いました。

息子が大好きな外遊びは大事にしつつ、色んな経験を息子にさせてあげたいなぁと思います!

体力と集中力と忍耐力はつけて欲しい!!♡