極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【GCU】修正36週、GCUに移動。GCUで気付けたこと

スポンサーリンク

こんばんは、現在1歳9ヶ月(修正月齢1歳7ヶ月)の息子を育てる新米ママ・さくらママです(^^)

私は2018年7月7日に1,389g…極低出生体重児の息子を帝王切開で出産しました。

妊娠30週での早産で、突然の完全破水で出産となりました。原因は絨毛膜羊膜炎でした。

今回は修正36週、NICUからGCUに移動になった時の事を綴ります。

※今回は特に自分が当時思った事をそのまま書いているので、不快に思われる表現があったらすみません。

前回までの記事

*【NICU】修正31週(日齢6)、NICU通いスタート。初めてのケア、母乳綿棒。早産の原因、絨毛膜羊膜炎

*【NICU】修正32週。生後16日目、初めての抱っことオムツ交換。息子の軽さと重さを噛みしめる。

 *【NICU】修正33週。生後20目、初めてのカンガルーケア。思い出の家族写真。

*【NICU】修正34週。ネーザルハイフローに変更、コットに移動、短肌着着用。生後31日目、初沐浴。

【NICU】修正35週瓶哺乳開始、生後35日目初授乳。鼻カニューレに変更。

*早産の原因・在胎週数も違えば、子どもの成長・発達のスピードも違うと思いますので、あくまで私の体験談として綴らせて頂きます。このような内容を不快に思われる方はお控えください。

 

 

GCUとは?NICUとの違いとは?

修正36週に入り、GCUに移動になりました。(息子はこのタイミングで酸素投与もなくなりました)

私は早産するまでGCUの存在を知りませんでした…なのでまずGCUとは?のお話を少しだけさせて下さい。

今までいたNICUは「Neonatal Intensive Care Unit」の略で、新生児集中治療室=赤ちゃんにとってのICUです。急性期の赤ちゃんが24時間体制で医療を万全に受けれる環境が整っています。

GCUは「Growing Care Unit」の略で、継続保育室・回復治療室・発育支援室などと和訳されています。急性期を抜け、成長に伴い状態が安定した赤ちゃんはGCUに移動し、退院を見据え、お母さん主体で育児をします。必要がある場合は浣腸・胃管栄養・吸引などの看護技術の習得をしています。

GCUに移動して一番感じたのは、部屋全体が明るいことでした。物理的な事もあるんですが、スタッフやお母さん達の声のトーンも明るかったです。

皆保育器ではなくコットで、赤ちゃんを抱っこして移動する姿が、泣いたらすぐに抱きかかえてあげられる環境が、そんなきっと産後当たり前の光景が、キラキラして見えました。いつでも我が子に触れられる環境がとても嬉しかったです。

GCUの看護師さんからは「退院後の赤ちゃんとの生活のイメージができるように、育児に慣れていきましょう!赤ちゃんの傍で一緒に過ごす時間を大切にして下さい。」と言われました

GCUでの過ごし方

10時前にGCUに行き、10時頃沐浴。3時間毎の授乳だったので、10時・13時(.16時)と、夜夫と行き19時か22時の授乳をしていました。

合間の時間は抱っこしたり、寝顔を眺めたり、シーツ整えたり物品の補充をしてました。

病院によるみたいですが、私の産院は「お母さんも休んで下さいね」とよく言ってくれ、病院にいる時間を強制されたりはなかったです。

私は一人目で産院も自宅から近く、夫の職場の理解もあったので、毎日行けましたが、環境が整っていないと中々行けないと思います。。

授乳室で思った事

個人的にGCUに移動して大きく変化した事は、授乳室で他のお母さんと一緒に授乳・搾乳をするようになった事です。(NICUではカーテンで仕切り、個室の空間で授乳・搾乳をしていました)

当たり前ですが、授乳室では皆試行錯誤しながら一生懸命自分の子どもと向き合っていました。

詳しい出産時の体重や原因、今の治療等は話しませんでしたが、

うまく飲めず子どもが泣き出した時には「大きい声で泣けるんですね、可愛いですね」って言い合ったり。

世間話をして笑ったり。

 

授乳室で自分以外にも授乳・搾乳をするお母さん達と出会い、思ったのは一つです。

子どもにはもちろん、隣の人に配慮しながら話をするお母さん達と出会い、思ったのは一つです。

 

早産は本当に、運が悪かっただけなんだ。

 

私はさておき、こんなに素敵なお母さん達が、早産してしまったのは、運が悪かっただけなんだと思いました。

息子の主治医が言ってくれた言葉をしっかり受け止められていきました。

 

もし、24時間一緒にいれたなら、もっとうまく飲ませてあげれたのかもしれない…という罪悪感もなくなっていきました。

授乳で一番大切なのは、頻度でも、直接授乳か瓶哺乳かでも、母乳かミルクかでもなく、子どもを想う気持ちなんだと改めて気付きました。

息子の様子

修正36週0日の時、育児日記に書いていた事をそのまま書きます。↓

体重1980g、少しお肉ついて顔もふっくらしてきた。前髪が可愛い♡

顔に手を持って行く仕草、可愛い。目をあけてじっと見てくれるようになった。

新生児微笑ある、可愛い。沐浴は服を脱がすときは泣くけど、お湯に浸かると気持ち良さそうにしてくれる、可愛い。足のバタツキ落ち着いてきた。抱っこすると落ち着く。オムツ交換も嫌がらない。握力も強くなった。自分で落ち着く体勢が分かるようになったのすごいなぁ。

…当時からすっごく可愛かったみたいです♡

授乳の様子

修正36週に入ったばかりの時は、直接授乳は5-10ml/回で疲れ、途中で寝てしまう事もありましたが、お互いに楽な体勢が掴めてきた+息子の体力もアップしたのか、15ml-25ml/回飲めるようになりました。一生懸命吸い、私の体に小さい手を置いてくれるのがすごく可愛かったです。

授乳後足りない分は瓶哺乳での授乳でしたが、瓶哺乳は毎回飲み切れるようになりました。

瓶哺乳の際にむせてしまう時があり、SpO2(体内の酸素飽和度)が下がる事もあったので、休憩をはさみながら調整していました。

ちなみに哺乳瓶もメーカーにより、微妙に質感が異なる為、色んな哺乳瓶で試してくれていましたが、息子はどのメーカーでも何もためらわず飲んでいました!

f:id:sakura1389:20200502010351j:plain

修正36週/目を開けて飲めるように♡

夫の瓶哺乳もかなり安定していて、私が搾乳中に夫が瓶哺乳する事が多かったです。
f:id:sakura1389:20200502010647j:image

 げっぷの時に体を預けてくれるの可愛かったなぁ。

ファミリー面会

GCUに移動して、一番嬉しかったのはファミリー面会です。

NICUは両親以外の面会は禁止ですが、GCUは医師の許可が出た上で予約をすれば(私の産院は一ヶ月に一度でした)、ファミリールームで家族の面会ができます。

息子の誕生を喜んでくれたおじいちゃんおばあちゃんに囲まれ、抱っこされる息子の姿を見た時、涙が出そうでした。

幸せ過ぎる空間でした。


f:id:sakura1389:20200502010700j:image

妊活中から心配をかけ続けたと思うけど、子どもの事は何も触れずいつも優しく接してくれ、出産後もよく頑張った、抱きしめてあげたいと連絡をくれたお義母さん。私の体調を常に気にかけ退院後もケーキを持ってきてくれ、いつも息子は大丈夫と言ってくれたお義父さん。

毎日息子の写真を送ってと連絡をくれ、可愛いと言ってくれ、退院後の事を想像してくれたお父さん。私の気持ちに常に寄り添い、息子は二人の子どもで幸せだねって言ってくれたお母さん。

本当にありがとうございました。

息抜きになったこと

今まではなんとなく病院にいないと罪悪感を感じていたし、息子の事を聞かれ涙ぐまない自信もなく、家族と友人2人にしか会っていませんでしたが、この週数の時に、人に会うようになり、気持ちが楽になっていきました。

夫の兄家族に会う

帰省中の夫の兄家族に会い、姪っ子ちゃん甥っ子くんに癒されました。息子の写真を見て頑張ってるね!!可愛いね!!と言ってもらい救われました*

 ↓この記事にお義姉さんへの想いを残していました!

www.sakuramama-m.com

友達に会う

幼馴染の親友の実家にベビーグッズを借りに行きました。一年先に出産した親友からベビーベッドやベビーバス等たくさん貸してもらい、出産祝いも貰いました。

「これ便利だったからお揃いにしたよ~!!」「夫くん育児参加してくれるじゃろうけん羨ましいわ~!!」など、親友とおばちゃんと退院後の話を普通に喋った時間がすごく嬉しかったのを覚えています。

美容院に行く

出産前に髪を切るつもりでしたが、叶わず、髪は伸び切ってプリン状態でした。この頃やっと美容院に行きたいと思えるようになり、夫の紹介の美容師さんの所へ行きました。夫と仲良しの美容師さんと色んな話をして笑って、髪も整い、気持ちも整った気がしました。身だしなみが心に与える影響って大きいなぁと思いました。

息子の顔からチューブがなくなる幸せ

GCUに移る際、呼吸状態も安定していたので、鼻カニューレは中止になりました。(呼吸状態の悪化がないかの確認の為、足の指にSpO2(体内の酸素飽和度)を測るテープは退院日まで巻かれていました。)

上の授乳の写真でも残っている、鼻から入っている胃管も、修正36週6日の時に、抜管されました。夜間と朝方等眠い時は飲みが悪く胃管を使う事があり、入ったままだったのですが…息子がほぼ毎日自分で引っ張って抜いてしまっていた事もあり、そのまま抜管してくれました(^^;)

f:id:sakura1389:20200502023143j:plain

修正36週6日/顔が見えるように♡

息子の顔からチューブ類が全てなくなり、本当に嬉しかったです。チューブはもちろん、固定されるテープも気持ち悪かっただろうなぁ…。。

 

私が代わるから、私の何でもあげるから、息子のチューブ類を外して下さいと願った7週間前。

当時は心身共にボロボロで、何もしてあげれない自分の無力さに絶望していたけど、毎日一生懸命生きてくれる姿に、息子の強さに、ただただ救われていました。産後しんどいのは、頑張っているのは、お母さんだけではない事を息子が教えてくれました。

初めての世界に戸惑いながら頑張ってくれてありがとう。本当に感謝してます。

 

チューブが外れてすやすや眠る息子の寝顔、最高に可愛かったです。