極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【NICU】修正35週。瓶哺乳開始。生後35日目、初授乳。鼻カニューレに変更。

スポンサーリンク

※NICUの息子の写真載せています、不快に思われる方お戻りください

 

 

こんばんは、現在1歳8ヶ月(修正月齢1歳6ヶ月)の息子を育てる新米ママ・さくらママです(^^)

私は2018年7月7日に1,389g…極低出生体重児の息子を帝王切開で出産しました。

妊娠30週での早産で、突然の完全破水で出産となりました。原因は絨毛膜羊膜炎でした。

今回もNICUに通っていた時の事を綴ります。

前回までの記事

*【NICU】修正31週(日齢6)、NICU通いスタート。初めてのケア、母乳綿棒。早産の原因、絨毛膜羊膜炎

*【NICU】修正32週。生後16日目、初めての抱っことオムツ交換。息子の軽さと重さを噛みしめる。 - 極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

 *【NICU】修正33週。生後20目、初めてのカンガルーケア。思い出の家族写真。

*【NICU】修正34週。ネーザルハイフローに変更、コットに移動、短肌着着用。生後31日目、初沐浴。

*早産の原因・在胎週数も違えば、子どもの成長・発達のスピードも違うと思いますので、あくまで私の体験談として綴らせて頂きます。このような内容を不快に思われる方はお控えください。

 

 

修正35週(日齢34)担当医からの病状説明

2週間ぶりの病状説明でした。毎日面会の時に担当医と話していましたが、病状説明用の部屋に移動するとやはり緊張しました。 

現在の治療:無呼吸治療、強化母乳、未熟児貧血

呼吸:ネーザルハイフローで高濃度酸素投与継続中。無呼吸は日中はほぼ無くなりましたが、夜間みられる事があるので、無水カフェイン(レスピア)という薬を胃管から入れています。無呼吸の改善がみられているので、薬の量は減らしています。

酸素量を減らしても呼吸状態安定している為、様子をみて鼻カニューレに変更していきます。

※鼻カニューレも鼻の穴にチューブを入れ酸素投与する方法なので見た目はあまり変わりませんが、酸素量が減り加湿をしなくてよくなるので、周りにある機械が減り音も減ります。

栄養:経腸栄養(胃管)から搾乳した母乳を投与しています。

搾乳した母乳に強化母乳(HMS-2)を混ぜ、35ml×8回投与しています

(※強化母乳:呼吸が不安定で母乳量を増やすのに時間がかかる低出生体重児に使用。タンパク質、カルシウム、リン等必要な栄養分を補う事ができる)

今後、瓶哺乳・直接授乳に切り替えていきます。

 ・体重は1.770gです。順調に増加しています

●未熟児貧血:貧血に対し、インクレミンという鉄剤の内服を始めています。

早産児は体が小さく生まれた分赤血球数が少なく、造血機能が未熟です。退院後もしばらくは内服が必要になります。

行った検査、必要のある検査:未熟児網膜症、頭部MRI

未熟児網膜症:眼科の2回目の検査があり、網膜症はありませんでした。

(未熟児網膜症:眼の奥にある網膜が十分に成熟しないまま生まれ(36週頃完成するそうです)、網膜の血管が異常に成長(伸びて)してしまう病気。高濃度酸素を投与する事で血管が伸び過ぎてしまう。。)

酸素投与も継続しているので、入院中は定期的に眼科の検査があります。

●頭部MRI:修正32週の時に話したように、脳室周囲白質硬化症の確認・脳室内出血が本当にないかの確認の為、退院前に頭部MRIを撮ります。

 (脳室周囲白質硬化症:脳の中の「脳室」の周囲には、神経線維が行き来する手足を動かす神経が通っている「白質」という領域があり、産後脳に酸素が行き渡らなかった為、運動障害を引き起こす病気。 白質は血液の届きにくい場所で、早産児は特に血管が出来上がっていない為起こりやすい)

MRIをとるにあたり、鎮静が必要になり、当日は鎮静剤を使用します。

退院の目安は37週以降、2100g以上で、体重は絶対条件です。

「今後は退院に向け、瓶哺乳・直接授乳を頑張っていくのと、沐浴等自宅での生活をイメージして、不安な事はスタッフに聞いて下さい。」

 

もちろんまだ小さいしモニターやルートもついているし検査もあるので、不安もありましたが、退院が視野に入ってきたことがとても嬉しかったです。

生後32日目、瓶哺乳開始

34週から嚥下(えんげ)反射(食べ物を飲み込む反射)が完成します。

修正35週~40週で吸啜・嚥下・呼吸の調節ができるようになります。

 

ずっと胃管から母乳を飲んでいた息子が、経口摂取ができる。

 

うまく表現できませんが、今までの「息子を抱っこする」「お風呂に入れる」という感動とは別の、息子の成長と「生」を感じられるとても嬉しい瞬間でした。

 

初日はリハビリの先生がポジションや哺乳瓶の角度等教えてくれ、息子の瓶哺乳姿を見つめていました。

「最初は嫌がる子やびっくりする子も多いので、飲めなくて当たり前ですからね」という前置きがあり、確かに飲めないかもなぁと思っていましたが、、

リラックスした顔でとっても美味しそうに飲んでくれました(:_;)♡

f:id:sakura1389:20180809102510j:plain

生後32日目/初めての瓶哺乳

 か、可愛い、、、(;_;)

飲み終わった後の満足顔を見た時は、笑ってしまいました(*´`)

f:id:sakura1389:20180809103321j:plain

瓶哺乳後の満足顔♡

 瓶哺乳中に呼吸状態が悪くなる事もなく、日中は休憩しながら全量飲める事がほとんどでした。

息子は顎を支えてあげると、最後まで飲み切れる事が多かったです。

生後35日目、初授乳

呼吸状態が安定してきたので、酸素投与も鼻カニューレに変更になり、生後35日目初授乳できました。

ついに授乳できるくらい大きくなって、状態も落ち着いてきたんだなと思うと感慨深かったです。

授乳クッションを置き、抱き方を教えてもらい見てもらっていたんですが、抱き方も難しくて、四苦八苦していると、、

助産師さんが

「一番大切なのはお母さんが楽な姿勢でリラックスして授乳することです!そうすると自然と赤ちゃんにとっても楽な姿勢になります!!」

と言ってくれ、

息子が一生懸命飲んでくれた時も

「わぁすごい!頑張ったね~!!」

と息子を撫で、

「お母さん、良かったですね~!!!」

と素敵過ぎる笑顔で私以上に喜んでくれて。

いっつも一生懸命で優しい一年目の助産師さんで、私も夫も大好きだったんですが、本当に心のケアもたくさんしてもらいました*

授乳をして変化したコト

この頃は直接授乳で、5-10ml飲めたら良いなという感じでした。授乳前後の体重を測り、不足分を瓶哺乳か胃管で補うという形でしばらく進んだんですが、時間が長いと疲れてしまい瓶哺乳もできなくなってしまうので、直接授乳は10分で切り上げていました。長く授乳してお互い慣れていきたい気持ちと、疲れさせて申し訳ないなという気持ちであっと言う間の10分でした。

面会の時の授乳は一日多くて4回しかできなかったので、少しでも息子が飲みやすくなるように…と家ではYouTubeや文献などで体勢の研究をしていました。

 

授乳ができるようになっても、

 

産後の頻回授乳がしんどい。

母乳が出なくてつらい。

ミルクを足すタイミングや量になやむ。

 

ナドの産後よく聞く悩みとは違い、自分だけ楽をしているような、なんとも言えない気持ちに襲われる事もあったりしました。

 

でも、あれ?私は何と何を比べて、何だったら納得できるんだろう?とふと思い、

そこからは何かが吹っ切れ、ひたすら授乳中の息子の顔を眺め幸せに浸っていました。

一生懸命飲んでくれる息子が愛おしくてたまりませんでした。

授乳したい夫

 「今日〇ml飲めたよ~(^^)」等の報告をしていると、夫はよく「すごいな!てか良いなぁ、俺も授乳して授乳中の息子を見て幸せに浸りたい」と言っていました。

授乳中の息子の姿を見れるのは母親の特権!って思っていましたが、

自分の腕の中で見る小さい我が子の笑顔も泣き顔も寝顔も全部、

母乳でもミルクでも、直接授乳でも瓶哺乳でも、ママでもパパでも、関係なく味わえる幸せなんだろうなって気付きました。

きっと私より先にちゃんと親としての自覚と覚悟を持ち、息子に愛情を注いでくれる夫は、まぶしかったです。

f:id:sakura1389:20180812105047j:plain

なんて幸せな画なんだろう。

鼻カニューレに変更

呼吸状態が安定したので、鼻カニューレに変更になり、息子のコット周りの音が少し減りました。

口から入っていた胃管も、鼻からに入れ替えてくれ、瓶哺乳・授乳がしやすくなりました。

そしてこの頃は少しですが起きている時間も出てきて、目を開けて周りをよく見ていました。

少しずつ体重も増えふっくらしてきて、顔のお肉もついてきました。まだまだ弱々しいですが、、色んな動きも増えて可愛かったです。

↓帰り際、「じゃあね♡」してくれた時。

f:id:sakura1389:20180812132546j:plain

生後35日目/鼻カニューレに変更

 面会の時に自分達ができる事も増え、触れ合える時間が増えた事で、息子との距離が縮まっていく気がしました。

 

そして友達が作成してくれた退院後の必要な物品リストに沿い、買い物に行き少しずつ準備も進めていきました。夫と抱っこ紐協議し過ぎて、夢に出てきたりしていました。