極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【極低出生体重児】一歳半健診に備えてのリハビリフォロー

スポンサーリンク



こんばんは、さくらママです(^^) 

現在1歳6ヶ月(修正1歳4ヶ月)の息子は極低出生体重児(1000−1500g未満で産まれた赤ちゃん)で産まれたので、3ヶ月毎に発達とリハビリのフォローを受けています。

今回は来月修正1歳半健診があるので、その前のリハビリフォローでした★

(修正月齢とは:早産児の発達や成長については、実際に産まれた日ではなく、出産予定日を基準に考えていきます。私の場合は出産日が7月・出産予定日が9月だったので、2ヶ月の差があります。

赤ちゃんの体重や在胎週数によっても違うと思いますが、成長・発達、離乳食の進め方等基本的には修正月齢で考え、予防接種は出産月齢で考えます)

 

▼前回修正1歳3ヶ月の発達フォロー&リハビリの記事です

www.sakuramama-m.com

 

 

 

リハビリで確認してくれたこと

今回は産院での1歳半健診に備えて。という感じでみてくれました。

運動面

階段昇降

リハビリ室にある階段は昇降しやすいように低め&手すりが持ちやすい位置に設定されているのもあり、

立った状態で前向きで手すりを持って上り下りできていました◎

階段下りる時、最後の一段は手すりの位置的に不安だったのか、後ろ向きになり、確実に足をおろすビビり…慎重派の息子の姿に笑ってしまいました♡

階段は好きなので、何回も繰り返していました★

指先を使う細かい作業の確認

*鉛筆を穴に入れる容器から鉛筆を出されると、自分で鉛筆を持ち穴に入れていました◎

 前回より成長を感じた事:途中でできなくなったりやめたり飽きる事もなく、スムーズに入れれるようになっていました。そして2回目の時には容器の蓋をあけ、一気に鉛筆を入れ蓋を閉め、できたよ!とズルする事も覚えていました。笑

*丸三角四角の形に合わせてブロックを入れる→丸はスムーズに、三角四角も自分で場所を探しながら、入れれていました◎

 前回より成長を感じた事:前は入らないとブロックを投げたりやめる事もありましたが、何回も何回も自分で試して集中して取り組んでいました。

*積み木を重ねる→全く興味示さず。笑

 前回より成長を感じた事:積み木を先生に投げなかった。笑

小さいペットボトルにビー玉を入れるビー玉をつまんで容器に入れたり、出したり、蓋をしたり出来ていました。

※まだ親指と人差し指だけでしっかりつまみ、二本だけで容器に入れるのはできていないので、手先はまだ器用になっていきますと言われました。

*お絵かき→ペンを持ち、殴り書きできる。

※ここから丸を描けるようになっていくので、一緒にお絵描き続けて下さい言われました

理解・言語

*意味のある単語を話す→「ママ」と「パパ」がはっきり言える◎なんとなく、「ワンワン」が言えるかな?色んな音はでて、一生懸命話してはくれています。

*大人の行動を真似する◎

*興味と要求、共感の指差しができる◎

*「~を取って」等の簡単な指示を理解し対応できる◎

*絵本を見て犬や車など指差せる→家ではお気に入りの物を指差して教えてくれたり、犬は指差せます。

(リハビリの時は絵本に全く興味示さずで、リハの先生の読み聞かせ冷ややかな目で見てました…笑)

リハビリの先生に言われたこと

まず最初にリハビリの部屋に入り、リハの先生が持ってきた知育玩具に反応して、ちゃんと自分で椅子に座る息子を見て

「えぇ?!お母さん、これは急成長ですね!!!」と言われました。

椅子に座れるようになったし、前より集中できる時間増えたな~と家でも思っていましたが、確かにこの前のリハビリの時は動き回って色んな玩具を出しては飽き、ピアノをガンガン弾いていたなぁと思い出し、成長を感じました(:_;)

その後の取り組みも、集中してできる時間が増えていたので、

「今までは興味をなくしたり散らさない為に、少し早めに手伝って“できる”達成感を与えてあげていましたが、集中力もついてきたのでこれからは見守って、どうしてもできない時に手伝ってあげましょう」

とアドバイスをもらいました。

 

あと、、積み木の項目あるけどしないのは大丈夫ですか?と聞くと(しつこいですが笑)

「指先の器用さ集中力等色んな項目を見れるので積み木は検査で使われ、この月齢で○個等の指標がありますが、積み木だけじゃなく総合してみるので、、

積み木の特訓とか無理にしなくて良いですよ〜(笑)

まぁ積み木は地味な遊びだから、息子くんには中々ヒットしないんでしょうね〜ワハハハハ〜」

との事で、なんだかすごく安心しました。笑

(もちろんできるのが一番良いと思いますが、確かに息子にもその時々の興味があるよな〜♡と思いました!)

 

そして、運動面の発達の遅れはないので、一歳半健診でもし気になる所があれば、今後は担当が作業療法士に代わり、細かい手先の作業や言語に集中していきますと言われました。(今まで理学療法士の先生でした)

私的に一番成長を感じた事

それは、、(あくまで、私的になんですが、、)

リハビリが終わって先生が手を広げ息子の名前を呼ぶと、息子が笑顔で歩いて行って抱きついたことです!!!♡

すぐ離れてましたが笑

息子は多分人懐っこい方なんですが、リハビリの先生にくっつくこと今までなかったんです。定期的に会って色んな事をみてくれる人と分かってきたのかなぁ?と思ったりしました。

一歳半健診前に思うコト

私はずっとどうやったら早産した2ヶ月を埋めれて、追いつけるんだろうと考え、リハビリで言われた事や遊びは一生懸命試してきました。

一歳半健診で問題なかったら安心できるんだろうなと思ってきました。

 

最近ママ友が「発達で気になる事があってもどこに何を相談して良いのか分からないし、責任が重すぎて辛くなる」と言っていて。

私は定期的な診察やリハビリで、息子の事を相談する機会があり、色んなアドバイスをもらってきて、「困った時に相談できる場所がある」というのはすごく恵まれた環境だと気付きました。

一歳半健診は専門家から見て子どもの気になる事を教えてもらったり、相談してアドバイスをもらったりできる場で、子育てをフォローしてくれる人と出会える場所なのかなと思います。ママ友の様に思っている人が少しでも救われると良いなと本当に思います

私も気になる事はしっかり聞いて、保健師さんからもアドバイスもらいたいと思います!

 

そして健診でみられるのって一番は「子どもさんの事好きですか?♡」「お母さんの事好きですか?♡」なんだろうなぁと思うし、

成長は昨日の息子と比べるモノ!と思うので、

積み木にさいていた時間を減らし、外遊びして息子と笑いながら過ごしたいなと思います♡

おまけ

帰りに少し遊び場に寄ると…

滑り台ちゃんと座って滑っていました♡

基本頭から滑るスタイルだったので成長★
f:id:sakura1389:20200205213940j:image

 

ちなみにこの大きめのブロックは、皆が積んで遊んでいる中、一所懸命運んでは投げていました…(^^;)

人いない所に投げていたから成長。
f:id:sakura1389:20200205213947j:image