極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【早産体験談】帝王切開当日。今までで一番の幸せと想像以上の痛みをしっかり感じる。

スポンサーリンク

 

こんばんは、現在1歳6ヶ月(修正月齢1歳4ヶ月)の息子を育てる新米ママ・さくらママです(^^)

私は2018年7月7日に1,389g…極低出生体重児の息子を帝王切開で出産しました。

妊娠30週での早産でした。

出産から一年半が過ぎ、ありがたい事に息子と穏やかで幸せな毎日を過ごせ、気持ちも落ち着いてきたので、早産の体験を綴ろうと思います。

 今回は帝王切開当日の事について綴ります。

*早産の原因・在胎週数も違えば、子どもの成長・発達のスピードも違うと思いますので、あくまで私の体験談として綴らせて頂きます。このような内容を不快に思われる方はお控えください。

▼30週で完全破水→帝王切開までの経過の記事です

www.sakuramama-m.com

 

 

帝王切開でも痛みも幸せも感じるよ

この記事を書くにあたり、最初に一つだけ言わせて下さい。

経腟分娩でも、帝王切開でも、母は命がけの出産で、痛みも幸せも感じます!!

どちらの方が痛みが強くて大変…とか何の話だろう。どちらもリスクがあります。

ただ未だにたまに聞く「帝王切開だと愛情を感じにくい」だけは全否定させて下さい。

帝王切開は母親にしかできない手術。そもそも愛情がないとできないんだよ!

 

帝王切開の準備

帝王切開が決まり、手際よく助産師さんが準備してくれました。最後のNSTの確認、剃毛、尿管を入れ、術衣に着替えました。

前回の記事で書いた、血栓塞栓症(血管の中で血液の塊ができ、血管がつまってしまう病気。塊が肺に飛ぶと大変。)の予防の為、着圧ソックスを履きました。

手術室にも入ってくれる助産師さんがストレッチャーを押してくれ、手術室へ移動しました。家族に見送られながら、お腹を触り最後の胎動をしっかり感じていました。あまり良い居心地じゃなかったと思うけど、私のお腹の中で育ってくれてありがとう。

 

帝王切開痛いのかなとか怖いなぁとかの感情は全くなく、この時に思ってたのは、本当にただ一つ。

 

赤ちゃんが無事にこの世に産まれてこれますように。

 

本当に自分はどうなってもよかったし、もし私がいなくても、夫と家族がしっかり育ててくれる自信がありました。そう思える人との子どもを授かれた事、自分も愛情を注がれ育ってきた事に感謝していました。

帝王切開:手術室で麻酔、手術前に思っていたこと

18時半頃手術室入室。

本人確認、血圧計を巻いたり、看護師さんが挨拶してくれたり。

手術台で横になり、「海老のように体を丸くしてください」と言われ、身体を横向きにして三角座りの体勢に。背中に局所麻酔をされました。

 

硬膜外麻酔は針が結構太くて痛いとよく聞くので、ここが一番痛いんだろうなぁと思いつつ、、始まると背中をぐーっと押される痛みがあり、その後中で針を動かしているぐりぐりした痛みが、、、。

中々入らなくて、20分近く経ったので、麻酔科部長がでてきてくれて、なんとか入りました。この間ずっと看護師さんが手を握ってくれていて、痛みよりもその手の温かさに泣きそうになってました。先生も「痛い思いをさせて、不安を増やしてごめんなさい。これで安心して赤ちゃんに会えますからね」と言ってくれ、更に泣きそうに。。
(ちなみに私の場合は、なんですが、針を刺す時の痛みはもちろん痛かったんですが。
でも声かけをしてくれるし、ずっと続く痛みでもなく、今からの手術中~術後の痛みをとる為の痛みと思うと、生理痛やお腹がピークに張っていた時の痛みよりは全然痛くなかったです。)
 麻酔が効いてるかどうかの確認の為、肩から順番にお腹や足などに氷をあてられ、冷たさを感じるか確認されました。(冷たさを感じなければ麻酔が効いている)
身体はじんじんと温かく、足は正座をした時に痺れた感じの痺れを感じていました
 
ぼーっとしながら、お腹を触ろうとすると、手も固定されているのでもちろん届くはずもなく、これで妊婦生活は終わりなんだなと実感がわきました
 
もっとお腹触って過ごしたかったな、夫にもっと胎動感じさせてあげたかったな。
いきなり外に出されてびっくりしないかな。ごめんね、頑張ろうね。
とにかく無事に産まれてきてくれますように。
と思っていました
 

赤ちゃんの産声で幸せに包まれる

 

19時頃から執刀が始まり、そこからは少しお腹に違和感がある感じ(触られているなぁ、引っ張られているなぁという感覚)でしたが、もうとにかく「赤ちゃん泣いてくれますように。ごめんね頑張れ頑張れ」と祈っていました。産まれるまでの20分がすごく長く感じました

 

19:24

「赤ちゃん産まれますよー!」の声と共に、「オギャー、オギャー」

小さいけど確かに元気な産声が聞こえました。一生懸命泣き、一生懸命動いてる息子を見て涙が溢れました。心の底から満たされるような幸せでした。

あぁこんなに幸せな事ってあるんだな。この先この子の為なら何でもできる。と思いました

すぐに保育器に入り、カンガルーケアはもちろん、生まれたての裸の姿を近くで見る事もできませんでしたが、NICUに保育器で移動する時、顔の近くまできてくれ、挿管されずに一生懸命泣いている息子を見て安心しました。

想像以上の痛み

そこからは安心したのもあってか、強く引っ張られたり内臓をぐりぐりされている痛みを強く感じ、しばらく耐えるものの、身体が勝手に動くくらい痛くなってきたので、「痛いです…」と伝え、結局麻酔を3回位追加してもらい、酸素マスクをつけられました

 

朦朧とする意識の中、「赤ちゃん泣いて良かった。夫に会いたい」とひたすら思っていました

自分はどうなってもいいとあれだけ思っていたのに、いざ息子を目にするとどんどん欲が出てきて、息子に会いたい、夫に会いたい、絶対に死ねないと思いました

 

息子のいた位置的に手術が難しかったようで、手術室を出る頃には20時半になっていました(翌日聞くと2L出血してたそうです。。)

 手術が終わって思ったこと

手術が終わり、病室に戻りながら

息子が泣いて本当に良かった。

と同時に、

息子は今どんな不安な思いで生きているんだろう

と思うと涙が止まりませんでした。。

私はお腹の中で最後まで育ててあげれなかったんだな。息子にも苦痛を与えて家族にも心配をかけて私は何をしているんだろう

思い描いていた出産と違いすぎて、心が完全についていきませんでした

 

この時も助産師さんが優しく話しかけてくれ、

「大丈夫、子どもを想う気持ち、息子くんにもご家族にもちゃんと伝わってるよ。本当にお疲れさまでした、出産おめでとうございます」

と言ってくれ、ずっと泣いていました

 

病室に着くと、

夫が「おめでとう、ありがとう!!」と言ってくれ、母が「おめでとう、頑張ったね!!」と泣いていて。

本当に安心したし救われた気がしました

夫の家族が来てくれた時も、とても安心して涙が溢れました

術後の看護ケア

病室に戻って~夜間は2時間毎に体温・血圧測定、子宮収縮の確認(お腹を抑える)、傷口の確認、悪露の確認がありました。

補液の点滴、硬膜外麻酔のカテーテル、尿管、血栓予防の為に足にマッサージ機のようなものをつけられ、ベッド上安静です。

硬膜外麻酔(細いカテーテル)が留置されていて、痛みを感じる時はボタンを押せば痛み止めが身体に入るようになっています。

この時の自分の身体の事は全く覚えてないですが、吐き気も熱も痛みもなかったと思います。あったとしても感じない状態だったと思います

 

落ち着いて考えれば術後なので無理ですが、その時は私はNICUに息子に会いに行けると思っていて、術後の状態を確認されながらも、

大丈夫、元気です!早くNICUに連れて行って下さい!!と思っていました

 

もちろん行けたのは夫だけで、(NICUは両親しか入れません)、写真を撮ってきてくれました。

夫の第一声は「可愛かったよ(^^)」でした。

可愛かったよ、頑張ってたよ

 

写真を見ながら、私も夫と同じことを思いました。

可愛い、頑張れ、ごめんね

 NICUの医師からの説明

その後NICUの医師からの説明がありました

・1.389gだったので極低出生体重児の分類になること。

・呼吸状態が少し不安定の為、挿管して人工呼吸管理をしている

・心電図モニター、血圧計をつけ、全身状態の確認をしている

・中心静脈栄養(心臓に近い太い血管である中心静脈からの投与、高濃度の栄養輸液ができる)で栄養管理

・低血糖予防の為、ブドウ糖点滴開始

 

・子宮内感染が疑われるので、抗菌剤投与開始

 

・今後も状態を見ながら酸素、点滴を調整し、検査も進める

…等の説明を丁寧にしてくれましたが、素晴らしい言葉選びをしてくれているのに、

 

早産するとこんなにリスクがあるんだ…

と、さっき見た息子の写真を思い出して心が締め付けられていました

 

夫は小さい体にたくさんのチューブを繋がれている息子を一人でみて、どんな気持ちでどんな覚悟で可愛いと受け止めてくれたんだろう…

 

代わってあげたい

抱っこしてあげたい

と思っていました