極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【早産体験談】30週で完全破水→MFICUへ入院、帝王切開までの経過

スポンサーリンク

こんばんは、現在1歳6ヶ月(修正月齢1歳4ヶ月)の息子を育てる新米ママ・さくらママです(^^)

私は2018年7月7日に1,389g…極低出生体重児の息子を出産しました。

出産から一年が過ぎ、ありがたい事に息子と穏やかで幸せな毎日を過ごせ、気持ちも落ち着いてきたので、早産の体験を綴ろうと思います。

 今回は30週で完全破水~帝王切開までの経過について綴ります。

*早産の原因・在胎週数も違えば、子どもの成長・発達のスピードも違うと思いますので、あくまで私の体験談として綴らせて頂きます。このような内容を不快に思われる方はお控えください。

▼妊娠期間中の経過の記事です

www.sakuramama-m.com

 

 

 破水前日

7/5 30週0日の診察で「子宮頚管長が2.4cm、子宮口は閉じているが、胎児の頭部でかなり圧迫されているので開きやすい状態」と診断され、2週間の自宅安静指示がでました。本当は赤ちゃんにとってよくない状態なのですが…家事も仕事も限界だったので、自宅安静指示がでた事で、やっと堂々と休めるんだとほっとしました

帰宅後はお風呂とトイレ以外はソファーで横になっていました。不規則でしたが、張る時は1時間に6回以上張っていました…(下腹部がカチカチに硬くなっていました)

夜中もお腹が痛くて起きる→ウトウトするを繰り返しました。

夫が出張中だったので、連絡を取り合いながら過ごしていました。

破水当日

朝張りが落ち着いたタイミングで、シャワーだけ浴び、それ以外はソファーで過ごしました。相変わらず続く張りがすごく怖かったのと、赤ちゃんは痛くないか心配で、ずっとごめんねと言いながらお腹をさすっていました。

7/6 20時頃ソファーで横になっている時に、ズボンまでびしょびしょになるくらいジャーと多量の水が出てきました。

(一回ジャーと出た後は一旦止まりました)

私は完全破水で量も多かったので、よく聞く「尿漏れと迷う」コトもなく、破水だと分かりました

てんぱりながら、夫と母に電話して、病院に電話しました。病院へは破水だと思うと伝え、すぐに受診指示がありました。移動手段がない場合・時間がかかる場合は救急車を呼んで下さいと言われました。

母がすぐ来てくれる事になったので、とりあえずトイレに移動し、産後用のナプキンをあてました。ここでまたジャーと少しピンクがかった水が出てきました。臭いは特にありませんでした

てんぱっていましたが、この時はまだ、自分の病院はNICUの施設や夜間麻酔科医が対応している病院ではないので、他の病院に移送になるなと、冷静に考えていました。

 

母がすぐ迎えに来てくれ、移動中もちょろちょろと水がでて、お腹の張りも続いていました。

夜間担当医が主治医ではなかったのですが、産科に詳しい医師だったので安心しました。

内診で「完全破水」と言われました。

「完全破水」とちゃんと診断された事で、一気に取り乱し、「自分が死ぬかもしれない」と思ったりもして、

「やだ、赤ちゃん助けて!!ずっとお腹張っとったのに、先生も先輩も大丈夫って言った!!うそつき!!ひどい!!ここNICUもないのに何で休ませてくれんかったんーーー(:_;)」と泣きながら不満を訴えました。…完全に責任転嫁ですが(^^;)先生に岡山弁…笑

この時穏やかな医師が「しんどかったのによく頑張ったなぁ。大丈夫、赤ちゃんもあなたも助けるからね」と言ってくれ少し落ち着きました

腹部エコーで羊水が残っている事の確認、赤ちゃんの推定体重が1,500g と言われ、

「見て、赤ちゃん動いてるからね!!大丈夫!!」とエコーを見せてもらい、動いている我が子を見て少し安心しました。

この子が無事に産まれてくれるなら自分はどうなってもいいと思いました

付き添ってくれていた母が、「この子も赤ちゃんも助けて下さい」と涙ぐむ姿を見て、大変な事になってしまったと涙が止まりませんでした

リトドリン点滴

診察後、リトドリン点滴(お腹の張り止めの点滴:内服薬のウテメリンの強化版)が開始になりました。張り止めの薬は血管に常に一定濃度を流せる事で効果が上がるらしく、「飲み薬の張り止めはお守り程度、本当に張る時は点滴が必須」とよく医師が言っていたのが分かりました。

点滴を始めてすぐに、副作用である火照りと指先の震えを感じました。

リンデロン注射

胎児の肺の成熟は臓器の中で一番遅く、34週頃完成すると言われています。

肺の成熟を促す為にリンデロンというステロイド注射を打ちました。

リンデロンは24時間毎に2回注射し、出産までの最適期間は投与開始後24 時間以上7 日間以内と言われています。…つまり、肺の成熟が未熟のまま、7日以内に産まれる可能性が高い時に使用される薬なので、このまま出産になる可能性が高いんだろうな、肺が形成されないまま出産になったらどうしよう…と不安でした。

医師からは「1回の投与で1週間分の肺の成熟が見込めるので、なんとか持たせて明日もう1回打って出産にしたい。32週相当の肺は、完成している可能性が今よりぐっと上がる。」と言われました。

リンデロン注射は筋肉注射で痛みが強いと言われていますが(私はお尻に打ちました)、、注射の痛みを感じないほど、まだお腹の張りが続いていました。

NICUのある病院へ救急搬送

診察、リトドリン点滴、リンデロン注射をすぐに対応してくれた後、NICUのある病院へ救急搬送となりました。この日、私の地元は豪雨に見舞われていて、雨の打ち付ける音を聞きながら、まだどこか非現実的な感覚でした

不規則に感じる胎動だけが支えでした

MFICUへ入院

産科病棟に運ばれ、再度診察と内診を受けました。羊水が残っていること、推定体重が1500gあることの確認、子宮口が開いているわけではないので、このままなんとか持たせたいと言われました。

そのままMFICU:母体・胎児集中治療室(ハイリスク妊婦・産褥婦が入院している病棟です)という24時間体制で専門的な医療が受けられる病室へ入院となりました。(個室です。急変に備えて部屋も広かったです)

採血をされ、NST:ノンストレステスト(子宮の収縮の状態、胎動(赤ちゃんの自発的な運動)と赤ちゃんの心拍数の変化の関係を見て元気があるかを確認する検査)管理、尿管を入れ、ベッド上安静となりました。

この時熱が39度近く出ていました。

豪雨の影響で交通機関もストップしていたので、夫が出張先から帰ってこれないと思っていましたが、なんとか終電で帰ってこれ、夫の顔を見た時本当に安心しました。

医師からは、自分の病院での説明と同じように、「幸い赤ちゃんも元気で羊水も保たれているので、少なくとも明日もう一度リンデロン注射を打つまで張り止めでもたせましょう」との説明が再度ありました。

お腹の張りは緩やかに落ち着いてきましたが、副作用の手の震えと時々お腹のしめつけられる痛みは続いていました。

 破水翌日;出産当日

朝医師から

「カンファレンスで他の医師とも話し合った結果、炎症反応が非常に高く(炎症反応を表すCRPという数値が1以下が正常なのに対し、私はこの時20を超えていました)熱もある状態で、赤ちゃんにも感染するかもしれない。出産してNICUのクリーンな環境で育ててあげる方が良いという結論になり、出産に向かうことにしました。自然分娩で膣を通過する際、肺が圧迫され肺が強くなるので、できたら自然分娩で出産にしたい。夕方まで待ち、陣痛が起こらなければ、帝王切開にします。」

という説明がありました。

朝食は食べていたので、昼食から絶食になりました

 

リトドリン点滴を止め、尿管も外れ、できるだけ動くように指示があり部屋の中を動きましたが、、

一度薬で陣痛を止めているので、もちろん陣痛は起こりませんでした。

途中内診で刺激をされましたが、子宮口が開く事はなかったです。

出産前の刺激を与える内診は痛いと言われていますが、色んな感情が溢れていて痛みも感じませんでした

 

帝王切開の説明

夕方、帝王切開の可能性が高くなり医師からの説明がありました。

子宮内感染疑いで帝王切開の適応になること。

・手術の内容・時間、麻酔方法(局所麻酔:腰椎麻酔+硬膜外麻酔)

・手術のリスク

 ・出血(赤ちゃんを育てるために血液が集中している腹部を切るので、出血しやすい)

 ・肺血栓塞栓症(血管の中で血液の塊ができ、血管がつまってしまう病気。経腟分娩より7-10倍リスク高いと言われています)

 ・術後合併症(縫合不全、感染、腸閉塞、、)

 

私はもとから帝王切開への抵抗や手術・痛みへの不安はあまりなく、赤ちゃんが安全な選択なら帝王切開しようと妊娠する前から思っていました

職場で何回も聞いてきた説明を受けながら、やはり手術への恐怖は全くなく、

とにかく息子の命さえ助かれば自分はどうなっても良いと思っていました

NICUの説明

リンデロン注射を打ったが、効果が現れるか微妙な時間での出産になり、効果が現れていたとして31週の出産になる。肺の形成ができているか非常に微妙なラインで、赤ちゃんが泣かない可能性もある。産後すぐにNICUでの管理を行う。

手術室にNICUの医師・看護師も入り、産声が聞こえなかった場合は手術室で挿管し呼吸管理を行う。

 

この時はひたすら、泣かなかったらどうしよう…私がこの子の人生を狂わせてしまうんじゃないか…でもお腹にいたらもっと感染させて大変な事になるかもしれない…

とぐるぐる考え、本当に自分はどうなってもいいからこの子だけは無事に産まれてきて欲しいと思っていました。