極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【早産体験談】妊娠中の経過…早産の傾向はあったのか?妊娠は幸せと不安の共存。

スポンサーリンク

こんばんは、現在1歳6ヶ月(修正月齢1歳4ヶ月)の息子を育てる新米ママ・さくらママです(^^)

私は2018年7月7日に1,389g…極低出生体重児の息子を出産しました。お腹の張りは感じていましたが、主治医の「子宮口は閉じているから大丈夫」の断言のもと、出産前々日まで外来棟(不妊外来・産科・婦人科)の看護師として働いていました。30週で自宅で完全破水し、帝王切開で出産しました。

 

出産から一年半が経ち、ありがたい事に息子と穏やかで幸せな毎日を過ごせ、気持ちも落ち着いてきたので、早産の体験を綴ろうと思います。

 今回は妊娠期間中の事について綴ります。

*早産の原因・在胎週数も違えば、子どもの成長・発達のスピードも違うと思いますので、あくまで私の体験談として綴らせて頂きます。このような内容を不快に思われる方はお控えください。

 

妊娠初期(~15週)

精神面

妊娠が分かった時、それはもう世界が更に明るくなるくらい嬉しかったです。不妊治療を経て待望の子どもだったのもありますし、不妊外来・産科外来の看護師として働く中で、妊娠・出産は奇跡である事を強く実感していました。

妊娠できた時、お腹の赤ちゃんに恥ずかしくない生活を送ろう。と決意しました。

お腹の中に赤ちゃんがいるという幸せを日々かみしめていました。

身体の変化

・13週からお腹がふっくらしてきて、周りからも気づかれるようになる

・頻尿になり夜間も数回起きるようになる

・とにかく眠い(眠悪阻というのもあるそうです…)

悪阻について

早ければ生理が遅れる前に悪阻で妊娠に気付く妊婦さんもおられる中、私は幸いな事に悪阻は軽い方でした。ご飯もしっかり食べ、すっぱいものを特に食べてました。

…といっても、二日酔いのようなフワフワして気持ち悪い感覚や、診察中の血液の匂いで吐いたことや、マスクをしながらご飯を作った事はあります。

悪阻は軽い重いありますが、全くない人はいないんじゃないのかなぁと。

「お腹の中に守らなければいけない命がある」というだけで、制限される行動があり、意識も変わり、精神的にも大きな変化があると思います。

※だからパートナーの皆さん、間違っても「つわりって医学的根拠あるん?」とか「つわりのせいにしてダラダラするなよ」とか言っちゃダメですよ!!

妊娠中の言動の恨みも一生モノですよ~(>_<)

 

診察

●12週:手足が5本ずつあり、NT(後頚部浮腫:NTが厚いとダウン症の可能性があり追加の検査を勧められる事があります)が厚くないと言われる。あぐらをかいているエコー写真にとても癒される♡

・15週:朝大量出血があり診察→膣部びらんとの診断で止血処置のみしてもらう

(感染が怖かったのでこの日以降はお湯に浸からずシャワーで過ごす)

妊娠中期(16週~27週)

精神面

16週の時に、診察についていた医師から見事にインフルエンザをもらい、赤ちゃんに影響がないかと職場の体制にもやもやしましたが、インフル完治と共に悪阻もすっきりなくなり、過ごしやすい時期でした*お腹も出て胎動も感じ、周りの方に優しい声をかけてもらえる事も増えて、妊娠している事を実感できて嬉しかったです。

19週に安産祈願に行ったり、GWに友達や家族と過ごしたり、夫と産前旅行で石川に行ったり、マタニティライフを満喫しました♡

f:id:sakura1389:20200103232325j:image

産前旅行、楽しかったなぁ…♡

身体の変化

・22週で胎動を感じるようになった(かなり遅方いだと思います(^^;)

・仕事中お腹が張りやすくなる 

診察

●17週:男の子と分かる(パパ大喜び♡)、鼻の穴もしっかり見える。

●21週:心臓もしっかり形成されていた。手は顔の前がお気に入りで顔は見えず。少量出血が続き、膣剤を入れてもらう。Hb10.7で鉄剤処方。頚管長:3.9cm

・22週:腹痛・お腹の張りあり診察→頚管長:3.5cm ウテメリン(お腹の張り止め)処方。

●25週:標準サイズで成長。顔もしっかり見えとっても可愛い。頭部が下に固定されており?逆子になることはないと言われる。 頚管長:3.5cm

●26週:技師さんによる4Dエコー。脳・心臓・腎臓、異常なし。

 妊娠後期(28週~)

精神面

お腹をさすりながら息子に話しかける時間が幸せ過ぎました♡

と同時に22週頃からお腹の張り+痛みがあり、赤ちゃんが大丈夫か常に不安でした。朝「妊娠後期 働かされ過ぎ」と検索し、世の中の頑張っている妊婦さん達の体験談に励まされながら出勤していました(笑)

 

身体の変化

・お腹が前に突き出る…全体的に下に下がって出ていた気がする

・お風呂の時息切れがする

・寝ている時足がよくつる

 

診察

 ●29週:顔の前に手があり顔見れず。標準サイズ。口をパクパクし羊水を飲みながら呼吸の練習中。お腹張る。 頚管長2.9cm

・30週:お腹が張って痛くて診察→頚管長2.4cm(子宮口は閉じているが頭部がかなり下がり圧迫されている) 自宅安静指示。

帰宅後とにかくお腹が張り、下腹部がカチカチになり、キューと締め付けられる痛みが続いていました。痛みがおさまった間にシャワーを浴び、それ以外は横になり、お腹をさすりながらずっと息子に謝っていました。

振り返ればこれが前駆陣痛だったみたいです。。

 

早産の兆候:出血、お腹の張り、子宮頚管長の短縮

今振り返ればですが、早産の兆候として出血、お腹の張り、子宮頚管長の短縮があったのかなと思います。

子宮頚管長とは赤ちゃんがいる子宮の下側と膣の間の部分で、出産までは開く事はなく、ばい菌の侵入を防いでいます。ざっくりですが、子宮頚管が長く、しっかり閉じていれば赤ちゃんまだおりてきてないから、早産の心配はないよ!という指標で、計測されます。

一般的に4cmが平均と言われ、妊娠が近づくと短くなっていきます。切迫早産の診断で入院になる値は病院によると思いますが、私の病院は基本「30週までに3cm以下だど自宅安静、2.5cm以下だと入院」でした。(子宮口のゆるさ、子宮収縮・痛みの頻度により変わりますが…。あと医師の方針はすごく影響あると思います)

頚管長が短くなり、お腹の痛みも増える度「こんなに立ち仕事して大丈夫ですか?!」と思いつつも、診察の度「子宮口は閉じている、早産はしない!」と毎回言われ、主治医を信頼していたのもあるし、「自分が痛みに弱いだけかも…周りにも大袈裟と思われているかも…」となんとなく診察を躊躇するようになり、いつも通り働いていました。

…破水した時一番にでた言葉は「産まれるじゃん!!嘘つきー!!!くそーーー!!!」でした。笑

お腹の張りとか痛みって一人目だと特に比べられないし、こんなものかなと言い聞かせたりもあると思うんですが、、

自分の身体の事=赤ちゃんの事を一番分かるのは自分なので、不安だったり分からなかったら何度でも診察を受け、少しでも不安があれば仕事も家事も休むべきだと思います。赤ちゃんを守れるのはお母さんだけです

 

 一番辛かった事

妊娠中辛かったのは間違いなく、立ち仕事です!

忙しいので仕方ないのですが、妊娠してからも14時まで昼食とれなかったり、17時にやっと休憩をとりそのまま残業、お腹が大きくなってからもストレッチャー移送、忙しい医師への診察割り振り、、お腹が張る・出血していると言っているのに休ませてもらえない、、もうあげればきりがないほど不満はありますが!!!

妊娠中の仕事において私が一番辛かったのは

「妊娠してなかったらもっとちゃんと働けるのに。」

と思ってしまう瞬間がある事でした。

自分が今まで当たり前にできていた事が、妊娠による変化で、できなくなる事にもどかしさを感じていました。

帰り道いつも、妊娠は喜ばしい事なのに、何でこんな気持ちになりながら働いているんだろう、ごめんねと思っていました。。

 今お仕事を頑張っている妊婦さんへ!!

 私は妊娠して、家事仕事をいかに頑張れるか、母親の器量を試されている気がしていました。(誰に?って話なんですが。笑)

有休がないからとか職場の人からの信頼を気にして…あと何より今までちゃんと向き合ってきた仕事へのプライドがあり、休んだり・しんどいので助けて欲しいと言えませんでした。

 

でも、早産して思います。

 

ホルモンのせい(本当にホルモンのせい)で不安定な情緒の中、自分の体調管理をしながら子どもをお腹の中で育て守る事ほど、大変で大事な仕事はないと。

自分のお腹の中でするべき成長をした子どもを正期産で産める事は奇跡で、それ以上に自分の財産になる事はないと。

長い人生の中の妊娠期間中くらい(+産後も)甘えても良い…というか、甘えるべきであり、甘えされてもらえる環境を与えてもらえるべきなんです!!妊娠中に限らず、お互い様で甘えて、甘えられる人になれたらいいですよね…

どうか頑張り過ぎず、出産後も働きたいと思えるような働き方をして下さい。

そしてパートナーさん、妊娠中の支えはなんといってもあなたです。「体調大丈夫?」「~してくれてありがとう」「赤ちゃん可愛いね」…この当たり前の一言でいいので、寄り添ってあげて下さい。

でもやっぱり妊娠中は幸せでした

出産してしばらくは妊娠中の事を思い出したくないくらい後悔や辛さでいっぱいでしたが、最近妊娠中の日記を読み返すと、

家族や友達や職場の先輩方にかけてもらった嬉しい言葉や、エコーで成長を確認できる度に感じた安心感や、胎動を感じた時の喜びや、お腹が張って目が覚めた時夫がお腹に手を置いてくれていて癒された事や、夫と名前を考えたり息子が生まれてからの生活を想像する時間の楽しみや、大好きな仕事を息子と頑張れた達成感 等、

妊娠中にだから感じられた幸せがちゃんと残っていて、あぁ私は妊娠中から幸せで息子が愛しくて仕方なかったんだなぁと思いました。

最後に

長くなりましたが、最後に現実的に。

★入院の準備は早めに!(産休に入ってから準備しよう~と思っていた私は何も用意していなくて、結果産後は母が買ってくれたブリブリハート柄のパジャマで過ごしました笑)

★切迫早産や緊急帝王切開に備え保険に入る!(保険に入っていて良かったと思いました。精神的に辛い時にお金もかかると余計ダメージ強い気がします…) 

 

今までも、これからもしつこく書いてしまうと思いますが…

好きな人との子どもを授かれ、正期産で母子共に無事に出産できる事は奇跡だと思います。

ダラダラ書いてしましましたが、出血・お腹の張り・痛み…何か違和感があれば無理せず体を休め、病院を受診して下さい。

 

職場の愚痴もしっかり書いて、汚い心が溢れ出している記事ですみません。。私のような心にならない為に、しっかりSOSを出したり、自分が納得できる後悔のない生活を送って欲しいなと心から願っています。

 

皆様の妊娠生活が、幸せな期間でありますように。

私の体験が誰かの役に立てば嬉しいです。