極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

【極低出生体重児】1歳4ヶ月息子のリハビリ受診

スポンサーリンク

こんばんは、さくらママです(^^) 

現在1歳4ヶ月の息子は極低出生体重児(1000−1500g未満で産まれた赤ちゃん)で産まれたので、3ヶ月毎に発達とリハビリのフォローを受けています。

今回は歩き始めるタイミングということで、間隔を詰めて2ヶ月での受診でした。

 ▼前回の受診時の記事です♡

www.sakuramama-m.com

前回のリハビリ以降できるようになったこと

一番はなんといっても歩けるようになった事です!!筋肉の使い方含めしっかり見てもらってきました★

言葉はまだ出てきませんが、こちらの声掛けに対し意思表示がよくできるようになり、指差しや頷いたり首を横にふったり、人真似ができたり、細かい表情も増えてきました。

 

運動面

歩行の様子の確認

まず、歩き始めるには

①足腰や筋肉が強くなっていること

②バランスをとるための小脳が発達していること

③転んだ時に手が出て身を守れること

④“歩きたい欲求‘’があること

が揃っている必要があるので、この条件は満たされていると説明がありました★

(息子は特に④が強いので、たくさん歩かせてくださいと言われました!)

左足がまだ少し外側に開いて歩いていますが、歩く中で歩きやすい足の出し方を学び、真っ直ぐ出るようになると思いますと言われました。

 

階段昇降

靴を履いてリハビリ用の階段スペースで、先生に後ろから手を持ち支えてもらう形で、階段を上りました。最初は少し嫌がっていましたが、靴を履いた状態で立つ→歩く感覚になれ、足も上がるようになりました。すぐに楽しくなったみたいで、指差しで指示しながら(笑)階段を上り下りしていました★

(この時の満面の笑顔の息子がめちゃくちゃ可愛かったです(;_;)♡♡)

慣れてきたところで、手すりを持って片手繋ぎに切り替えていたんですが、戸惑わず続けて上がっていました。

 

指先を使う細かい作業の確認

*ボールを穴に入れる→前回もできていましたが、よりスムーズに自分ですぐできていました◎

*鉛筆を穴に入れる→リハビリの先生が一度見せてくれた後、同じようにできていました◎指先でしっかり鉛筆を持てていました◎

*丸三角四角の形に合わせてブロックを入れる→丸はスムーズに、三角四角は向きを合わすのを手伝ってもらいながらできていました○

(この時に息子はまだ集中力があまりなく、できないとすぐ辞ーめた!もう嫌!!となるタイプなので(笑)、できた時に思いっきり褒め、時間がかかっている時は早めに手伝って「できる」感覚を教えてあげた方が良いと言われました)

*積み木を重ねる→家では積んでいる積み木を掴んで置いたりできるようになってましたが、リハビリでは見事に横から倒して投げキャハキャハしていました(^^;)

 

 社会性

場所や人に慣れるのも早くなり、機嫌よく遊べるようになった◎甘えたり、思い通りにならないと泣いて助けを求めたりする◎人のする事に興味を持ったり、真似をしたりする◎周りの人の反応を楽しみながら、同じことを繰り返したりする◎

 

理解・言語

*意味のある単語を話す→息子がはっきり意味を持って言ってるのは「ママ」だけです。

→言葉の発達には「分かる」と「話す」があり、こちらの言葉を分かっている様子なので、これから出てくるでしょうとのこと。歩き始めると言葉がでやすくなるので、しっかり話しかけてあげてくださいと。

 (聴覚も発達する時期で、人間の肉声・TVの音声、高い音・低い音も聞き分けられるようになっているそうです!)

 *大人の行動を真似する◎

*興味と要求、共感の指差しができる◎

自宅で勧められた関わり

★息子は順応力がすごく高いが、集中力がない今は「動きたい」「遊びたい」の感覚の欲求が強いので、しっかり身体を動かした後、膝の上で積み木や指先を使う玩具を一緒にする時間を作ると良い。

●玩具も一度にたくさん出すと興味が移っていくので、一つの玩具で集中して遊んで次の玩具を出していく。

●靴を履いて外で歩く事に慣れさせていく

 身体を動かす環境は作ってあげれてるかなと思っていますが、確かに積み木をしてても、他の玩具に興味が移る事も多いので、環境を整えて遊ばせてあげようと思いました。

絵本もあまり興味持たないなぁと思ってましたが、完全にタイミングが悪かった気がします。。

 

リハビリ後

母が休みで一緒に来てくれていたので、リハビリの後、倉敷駅前のアウトレットと天満屋へ行ってきました♪

キッズスペースで楽しそうに遊んでました♡


f:id:sakura1389:20191114082830j:image

滑り台大好き♡階段は上れますが、まだ滑れないので…めちゃくちゃゆっくり確実に体をしっかりつけて頭から滑っていました(笑) お姉ちゃんが滑っているのを見たり、座らせて手伝いながら滑ると笑っていたので(前は怖くて泣いてた笑)、少しずつ慣れていってるようです♪


f:id:sakura1389:20191114083100j:image

楽しそうに風船追いかけてました♪息子の立ち姿が中々とれません(笑)

 

天満屋では靴を履いて歩いたりもしたんですが、まだ長距離は歩けないので抱っこしようとすると大号泣でおろすと高速ハイハイ→抱っこ大号泣の繰り返しでした(^^;)

母を待っている間、階段の踊り場で歩かせていると、手すりを持ってゆっくり階段上がり出したのでビックリしました!!

リハビリでした事吸収してるんだなぁと、子どもの順応力に感動しました✽身体をおもいっきり動かして、「できる」自信や楽しさをたくさん味わって欲しいなぁと思います♡

 

リハビリを受けて思ったこと

リハビリの先生にもこれからは特に個人差が大きく、周りと比べたり、育児書通りにいくかより、その子のペースで確実にできる事が増えていく事が大切と言われました。

今までは「平均的な発達の項目ができているか」ばかり気にしていましたが、これからは息子の性格に合わせて対応したりサポートする事が大切だなと当たり前のことに気づきました。集中して何かをする時間を作れてなかったので、意識して時間を作ろうと思います(><)

そして言葉が増えていく時期なので、言葉遣いや声掛け更に気をつけようと思います★

…と色々書きましたが、発達の項目で一番重要なのは「ママが好き」だと思っているので(笑)、一緒にいっぱい遊びながら過ごしたいと思います♡