極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

息子が舌を切り口腔外科受診。反省した話。

スポンサーリンク

こんばんは、さくらママです!

大型台風が接近中ですね。。大きな被害が出ない事を祈っています。皆さんが無事に過ごせますように(><)

 

この記事を書こうか迷ったのですが、こんな事もあるんだという情報提供と、自分への戒めも込めて残しておこうと思い書きました。

 

一昨日の夜、ダイニングテーブルのベンチタイプの椅子に座っている時、息子が足元にきて愚図ったので、抱っこして隣に座らせていました。落ちないように手を添えていましたが、ソファーの上り下りも安定しているしと油断していて、息子が下りようとした時、足を滑らす感じになり顔を椅子にぶつけてしまいました(><)

すぐに抱っこすると口から出血、、

大泣きしていて口を確認すると舌の左側部分が1cmくらい切れてしまっていました(><)

すぐに泣き止み、出血も止まったので、救急に行くほどでもないかなと迷いつつ

#8000に電話しました。

(小児救急電話相談で、夜間や休日に対応に迷った時、小児科医師・看護師から症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院などのアドバイスをうけられます。)

かなり動揺していましたが、電話口の優しい声と順序立てて聞いてくれる中で少し落ち着き、

出血が止まり機嫌も悪くないなら急いで受診する必要はないです。明日口腔外科で舌と歯の状態も含め診てもらって下さい。口の中の事なので、熱等他に気になる症状なければ口腔外科に行ってくださいね。

と言われました。

電話して安心したのと、夫も冷静に、縫う程でもなさそうじゃけんできる処置もないじゃろうし、水飲めたら大丈夫と言ってくれたので、様子を見ました。

お風呂上がり少し血が出ましたが、ダラダラ出る感じもなく、ご機嫌で就寝。

怖かったので歯磨きは簡単に済ませました、、

 

翌朝ご飯どうかなと思ったんですが、パンとかぼちゃのおやきをニコニコ完食。

食べても出血する事なかったので安心しました。

…が、改めて冷静に口を見ると舌がめくれる感じで深く切れていて、

もしかして縫わないといけないんじゃないか?!とまた動揺。。

土日休みになるし、縫うなら大きい病院に紹介になるだろうし、なんとしても午前中のうちに診察してもらわないと…と、

9時になった時点で診察可能か、小児歯科兼口腔外科の診察もしている歯科に電話しました。

近くの歯科がすぐ診察してくれるとの事で受診。

院長先生が診てくださり、

あ〜痛かったねぇ。うん、大丈夫!何もせずに自然に治りますよ(^^)歯も問題ないですね〜

とのこと。

え?縫わなくて大丈夫ですか?!このままで良いんですか?!気を付ける事は???

と食い下がるも(笑)、うん、大丈夫大丈夫〜(^^)と言われ複雑な気持ちで帰宅。

小児歯科としても口コミ良い病院だし、様子見て良いのかなぁと思いつつも、やっぱり心配で、小児歯科に特化した最近できた歯科に電話するとそこも1時間後に診てくれると言われたので、予約して行ってきました。

完全個室で待合にも個室にもキッズスペースがあり、スタッフの方の対応もとても丁寧でした!

院長が怪我した時の状況を詳しく聞いてくれてから診てくれ

「あ〜痛かったなぁ、頑張ったなぁ。お母さんも心配だったでしょう(この一言あるだけで信頼度がぐっとあがります(;_;))

「心配だと思いますが、出血が止まっているし、この深さなら縫わなくて大丈夫です。舌は筋肉でできていて、唾液にも雑菌作用があるので、まず自然に再生されると思います。ご飯もいつも通りで大丈夫です。万が一治らない場合はレーザー治療になりますが、、麻酔使っても安心な2歳を越えてからです。それまで経過を追っていきましょう。不幸中の幸いなのが、歯が陥没したり折れていない事です。歯の方が再生しにくいので…」

と言ってくれて安心しました(;_;)

その後も気になる事ないか聞いてくれ、

「味覚や発語には影響ないです」と言い切ってくれたので、更に安心しました(;_;)

そして最後に「動き出して口の中怪我しちゃうお子さん多いですが、子どもの治癒力すごいですよ、大丈夫です。お母さんも目離せなくなるけど、責めず追い込み過ぎず、お子さんと過ごしてね(^^)」

と言ってくれ、気持ちも救われました(;_;)

2軒診てもらって大丈夫と言われた安心感と、経過診てもらえる安心感でほっとしました…

そして、素晴らしい歯医者さんに巡り会えた気がします(;_;)息子の定期検診もこの歯医者さんに通います!!

 


f:id:sakura1389:20191012173812j:image

キッチンでパン食べても許すよ(;_;)

ご飯食べれなくなるのが一番怖かったので、お菓子あさって食べれる程、食への執着は変わらず本当に良かったです。

早く良くなりますように。。

 

まだまだ痛々しいですが、機嫌よく遊び、ご飯も食べてくれる息子に救われています。

今回は本当に私の不注意だったので、反省しました。。

本当に痛かっただろうし、今も気持ち悪いだろうし、歯科も怖かっただろうな(;_;)ごめんね。。

息子が怪我なく元気で1日過ごせるのが一番大事だと改めて思ったので(むしろ子育てはこれだけできてたらスゴイ事ですね…)、安全第一で息子と過ごそうと思います(><)

あと一応医療従事者だったのに、何も対応できずおろおろするだけだったので、自分の子ども守れるように、子どもの怪我や病気の時の対応、勉強しようと思いました、、、

 

長々と戒め失礼しました(><)