極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

*10ヶ月健診 極低出生体重児*

スポンサーリンク

こんばんは、さくらママです(^^)

今日は出産した病院で、修正月齢での10ヶ月健診を受けてきました☆

小児科に到着して、まずは計測してもらいました!身長70.2cm、体重8.586g、胸囲44.0cm、頭囲45.2cmでした♪
最初はニコニコしていたものの、身長測る所くらいからギャン泣きで胸囲・頭囲は泣き叫んでました(^^;)身長一瞬で測られたので、もうちょっと高くないですか?!と思いつつ←、服を着せる時も息子は「何で急にこんな事させるんだ!!」って顔で泣きながらこっちを見てました(´`:)
抱っこすると落ち着いて、すぐに診察に呼ばれました。

NICUから担当してくれている息子の主治医の先生は、診察丁寧で物腰柔らかくて大好きなんで、親も会えるの楽しみにしてました♪

わー!また大きくなってますね(^^)1歳おめでとう~(^^)お兄ちゃんになったねー!
の温かい言葉に、親笑顔、息子真顔、でした(笑)

成長曲線を印刷してくれ、修正かけなくても曲線内に入りました(^^)
と説明を受け、安心しました。

f:id:sakura1389:20190718165559j:plain

身長39.5cm、体重1.389gで生まれたので、本当に良く大きくなってくれたなぁと息子に感謝しかないです。身長が少し心配だったんですが、伸び率は良いので、このまま伸びてくれたら良いなぁと思っています。夫が背が高いので、そこはしっかり遺伝してくれると嬉しいなぁ(>_<)

その後は診察で呼吸音確認、腹部の触診、性器の確認、股関節の動きの確認、歯と喉の確認をしてもらいました。
生後6ヶ月の時に、陰嚢が小さく移動性精巣の可能性があるとのことで、小児外科にも紹介してもらい、経過観察になっているのですが…今日の健診ではしっかり陰嚢内で精巣が触れたみたいで安心しました。
当たり前ですが、早産したことで色んな臓器に負担がかかっているんだなぁと胸が締め付けられるので、健診での問題ないです!の言葉は本当に安心します。

あとはそのまま診察台の上で簡単にお座り・ハイハイ・つかまり立ち・つたい歩きの様子をみてもらいました。
10ヶ月健診としては充分ですと言われて、これまた一安心でした(^^)

その後は離乳食や授乳間隔等の確認をされ、終了でした。
次は9月に修正月齢での1歳健診の予定です(^^)

私の病院だけなのかもしれませんが、10ヶ月健診の集団健診であるような栄養士さんや歯科衛生士さんの話は特にないんですよね(^^;)
発達もリハビリでみてもらってるからか、細かくはないので、さらーっとした感じでした。
大きな問題なく育ってくれているのがちゃんと確認できただけで充分なんですが、一般的な話とかも聞きたいなぁという想いもあったりします(´`:)そう思えるくらい順調に大きくなってくれているのに感謝しないとですね*

1歳6ヶ月健診は、市の集団健診を受けて下さいとの事なので、色んな話聞けたら良いなぁと思います♪
でもできない事が多いのを周りと比べてしまうのも怖いです(^^;)

言葉は理解できていそうですが、「ちょうだい」「どうぞ」や「はーい」「バイバイ」等まだできず、言葉もまだ宇宙語なので、発達が追い付くのかなぁと不安もあります…

と思っていたら、夜「はーい」が急にできるようになり、後追いで階段も上がってきて、成長にビックリしました(´`)*
子どもの一日の成長、本当にすごいですね*
色んな事をしっかり吸収してもらえるように、声かけや言葉選びを私も意識して関わっていきたいと思います!!


不快に思われる方もいらっしゃると思いますが…
息子を授かれた事を心から喜び、仕事も家事も頑張っていた自分が何で早産しないといけなかったんだろう?という思いがどこかでずっとありました。
正期産で生まれて成長発達を気にしないでも元気に育っていく友達の子どもを、友達を、羨ましいなぁと思う事もありました。

でも皆、子どもを心配したり不安になる気持ちも、この子が私の子どもで良かったと思う気持ちも一緒なんだろうなと、そんな当たり前の事を最近やっと思えるようになりました。破水した時から出続けていたアドレナリンがやっと落ち着いてきたように思います。

こんなに頑張り屋な息子が私達を選んでくれた事に感謝して、育児楽しもうと改めて思った日でした*


f:id:sakura1389:20190718215643j:plain

&子ども椅子に上手に座る息子の可愛さに悶えた日でした(;_;)♡笑