極低出生体重児ママの親バカ育児日記♡

2018.07.07  30週で1,389gの男の子出産♡育児の日々と妊活から出産までの日々の記録です*

スポンサーリンク

*臨月の友達とチワワくんと*

スポンサーリンク

こんばんは、さくらママです(^^)


今日は大学病院で働いていた時の同期のお家に遊びに行きました♡
部署は違ったのですが、入社式の時にめちゃくちゃ綺麗な子がいる!!!と一目惚れをし(笑)、勇気を出して声をかけて仲良くなりました♪
大学病院時代は、勤務が合えばとにかく一緒に飲みに行っていました♡結婚してから頻度は減りましたが、日程を合わせて飲みに行っていました♡何かあった時絶対会いたくなる、バカ話から真面目な話までできる大切な友達です*


あっという間に臨月に入った友達は、変わらず綺麗で、息子はすぐ近づいていました(笑)そして愛犬チワワくんを不思議そうに見つめていました。

f:id:sakura1389:20190628213944j:plain

友達に抱っこしてもらい、写真撮影♪
大丈夫そうかな?と思っていたら、この後チワワくんが動いた事にビックリしてギャン泣き(^^;)
チワワくんもビックリしたのか吠えて、息子更にギャン泣き(^^;)
それからはチワワくんが少し動くだけで泣いていました(^^;)
息子は動物を触りに行くタイプだと思っていたので、あまりのビビり方に少し驚きました…って普段動物がいない生活なので、怖かったねごめんね。。チワワくんも驚かせてごめんね。。
でもチワワくんはそっと寄り添ってくれ、2人が近くでお昼寝している姿はとても可愛かったです*
↑これこそ写真撮るべきでした(>_<)

友達とも久しぶりに色々話せて楽しかったです♪
私絶対母性無いわ、大丈夫かな…と言った後に、今はスタイを手縫いで作ってる♪とクオリティー高いスタイを見せてくれて、安心しました(^^)笑

優しくて楽しいママだから、息子くん安心して生まれてきてねー♡と心の中で言いながら(本人に言ったら気持ち悪がられるので笑)、お腹を触って帰りました* ママになった友達に会うのが楽しみです(*^^*)


出産の事を思い返すと、不安と恐怖と後悔と申し訳なさでいっぱいの中の帝王切開、術後の痛みと貧血を抱えながらのNICUの通院は間違いなく辛かったです。
でも、息子の泣き声を聞いた時の心の底から満ちていく幸せは、間違いなく私を一生支えてくれるものです。
術後の痛みの記憶は薄れていくのに、息子の泣き声は薄れないから不思議ですよね。

改めて妊娠出産ってすごいことだなぁと思った日でした*